コラム

 公開日: 2015-02-18 

「長期優良住宅」ならお任せあれ!

こんにちは!
無垢の木と自然素材で、気持ち良く笑顔で暮らす家造りをお手伝いしている、
住宅アドバイザーの肥田です。



今日のコラムは告知です!

2/28(土)3/1(日)、長期優良住宅の完成見学会を開催します


「長期優良住宅」とは、その名の通り、
長期にわたり住宅を良好な状態で長持ちさせるために設けられた
必要な基準をクリアした建物です。

税制の優遇や、住宅ローン控除の拡大、
地域ブランド化事業で地元材を積極的に利用することで、
国交省から補助金を受けたりすることも可能です。

ただし、どの工務店でも地域ブランド化事業の
対象となる長期優良住宅を建築できるわけではありません。

ヒダモクは、「茨城・森から家Net」の一員として、「常陸・結の家」という

①地域の気候・風土を考慮した住宅
②地域材の使用を積極的に活用した住宅
③環境負荷を考える住宅

を提案施工しています。

これまで建てられた長期優良住宅の多くは、
数ある基準の中でも、「耐震性」や、「省エネルギー性」、
内装や設備の「維持管理・更新の容易性」を重視して建てられました。

結果、
構造材は集成材や人工乾燥材が、
内装は、合板フローリングやビニールクロスが多いですね。

初期強度や入居時の仕上り具合は良いかもしれません。
でも、未来の「環境負荷」を考えると、
個人的には「どうしかものか?」と疑問を感じずにはいられません。


無垢の木と自然素材をふんだんに用いて、

そんな長期優良住宅とは一線を画す、
気持ち良い住宅が出来上がりました。

その違いを、あなたご自身で確かめて下さい。

詳しくはこちらからどうぞ。


家族が笑顔で気持ち良い暮らしを叶えるお手伝いbyヒダモク
http://www.hidamoku.com

この記事を書いたプロ

ヒダモク(有限会社ヒダ) [ホームページ]

建築家 肥田芳宣

茨城県つくば市北条5044 [地図]
TEL:029-867-0155

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
ヒダモク(有限会社ヒダ)の代表である肥田芳宣さん

無垢の木と自然素材を「適材適所」に、安心・頑丈・健康な家(1/3)

 ヒダモク(有限会社ヒダ)代表取締役の肥田芳宣さんは、昭和初期から続く材木屋の次男として生まれました。家業を継ぐことを決意して大学卒業後、修行を重ね、木材の目利きができるようになるにつれ、コスト優先の資材選びや家造りに疑問を抱くようになりま...

肥田芳宣プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「木材のプロ」が選んだ自然素材で快適で安全な家を造る

会社名 : ヒダモク(有限会社ヒダ)
住所 : 茨城県つくば市北条5044 [地図]
TEL : 029-867-0155

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-867-0155

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

肥田芳宣(ひだよしのり)

ヒダモク(有限会社ヒダ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

自分の住む家をつくる感覚で、サポートしてくれます

「プロフェッショナル」という言葉がヒダモクにはとても良く...

TM
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
我が家の火災から自分達を守る!
イメージ

先日、つくば特別支援学校で「防災訓練」があり、私もお手伝いさせていただきました。様々な体験コーナーが設...

[ 後悔しない家造り ]

「住宅ストック循環支援事業」って何だ?
イメージ

平成28年10月11日の補正予算にて、既存住宅流通・リフォーム市場の活性化を目的とした「住宅ストック循環支援...

[ 省エネ・ECO ]

ありがとう!って言いたくなるなる家が良いですね
イメージ

先日、何気にFacebookを見ていたら、「ありがとうの反対語を知っていますか?」という記事を目にしました。...

[ 後悔しない家造り ]

オリンピックもマイホームも、一番大切なのは…
イメージ

2020年の東京オリンピック、誘致時での、予算案は約7000億円強。それが現時点で、3倍増の約2兆円!といわれて...

[ 後悔しない家造り ]

より快適な毎日への第一歩を
イメージ

日本では、2020年からは省エネ基準を新築戸建てには義務付け、2030年には、全ての住宅にHEMSを設置、そして新築...

[ 省エネ・ECO ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ