コラム

 公開日: 2016-08-26 

雨漏りは放っておけば、放っておくほど…

台風7号が茨城県を直撃した月曜日、
こんな電話をいただきました。

「普通の雨なら全く平気なんですが、
2、3年前から今日みたいな雨だと雨漏りするんです。

建てて貰った住宅メーカーは、
1度応急処置に来てくれましたが、
その後は来てもくれません。

1度見ていただけませんか?」

雨漏りは雨水の通り道が乾いてしまう前に、
天井裏などをのぞいて、漏水箇所を特定しておくのが得策です。

「雨漏り」は、気付いた場所の真上では起きません。
案外離れた箇所で起きていたりするものです。

乾いてしまってからでは、場所の特定も困難で、
的外れな箇所を補修してしまうことも少なくありません。

急ぎ確認に行ってきました。

リビングへの雨漏り

こんにちは!
自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、
快適住宅アドバイザーの肥田です。

雨漏りをしているのに放っておくのは、
家の劣化を早めているのと同じです。

目視できる被害が発生しているということは、
目で確認できない天井裏や壁の裏側では、
もっと症状が進行している可能性が高いからです。

あなたが気付かないのは、普通の雨でも雨漏りしているけれど、
あなたが気付く所まで伝わらずに済んでいるだけかもしれません!

屋根からの雨漏りで、小屋裏を伝って部屋の中に雨漏りをしている場合、
まず天井裏の断熱材は、水を含んだままだしカビだらけでしょう。

また、壁のシミがハッキリと分かるようなら、
壁の内部の石膏ボードや断熱材が水分を吸って、
裏面にもカビが生えてきてどんどん黒ずんできてしまい、
断熱材は全くその性能を発揮できなくなっています。

やがては、壁紙も剥がれ出すことでしょうす。


水を吸った石膏ボード裏側
(水を吸った壁下地石膏ボードの裏側)

グラスウールやロックウールなどの充填型の繊維系断熱材は、
1度水分が染みこんでしまうと、ラッピングされていることや、
壁の内部が密閉されているため、ほとんど乾くことはありません。


水を吸ったグラスウール
(水を吸ったグラスウール断熱材)

そのため柱や土台などの骨組や、耐震性を保持するための耐力面材に
そのまま水分が伝わり、腐朽菌を繁殖させてしまうこともあります。

何より、部屋の中も湿気が増しますから、
壁の裏だけでなく、表面にもカビが生えてきて、

住んでいる人の健康にも悪影響を及ぼすことにも成りかねません。

雨漏りは放っておけば、放っておくほどお金が掛かります。


特に、いまの普通の家は、
気密性が格段に向上している上に、
柱が壁の中に隠れる「大壁」構造です。

雨漏りに気付いた時には、ある程度被害は進行しています。

早め早めの補修を心掛けたいですね。

週明けには、「猛烈な」台風が日本を襲うとの予報です。

雨漏りに心当たりがある方は、メールで気軽にご相談下さい。


家族が笑顔で気持ち良い暮らしを叶えるお手伝いbyヒダモク
http://www.hidamoku.com

「自然素材の家は高い!」と思っている皆さん、
費用対効果を考えると、自然素材の我が家って、実は「お得」なんです。

資料請求はコチラからどうぞ。
http://www.hidamoku.com/siryou/

家造りを考え始めたばかりの方は、迷うことも沢山あると思います。
そんな皆さんには、「知っ得!納得!!家造り」メールセミナーをご用意しています。
http://www.hidamoku.com/seminar/
家造りを基本から学びたいという方は、コチラをご活用ください。

この記事を書いたプロ

ヒダモク(有限会社ヒダ) [ホームページ]

建築家 肥田芳宣

茨城県つくば市北条5044 [地図]
TEL:029-867-0155

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
ヒダモク(有限会社ヒダ)の代表である肥田芳宣さん

無垢の木と自然素材を「適材適所」に、安心・頑丈・健康な家(1/3)

 ヒダモク(有限会社ヒダ)代表取締役の肥田芳宣さんは、昭和初期から続く材木屋の次男として生まれました。家業を継ぐことを決意して大学卒業後、修行を重ね、木材の目利きができるようになるにつれ、コスト優先の資材選びや家造りに疑問を抱くようになりま...

肥田芳宣プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「木材のプロ」が選んだ自然素材で快適で安全な家を造る

会社名 : ヒダモク(有限会社ヒダ)
住所 : 茨城県つくば市北条5044 [地図]
TEL : 029-867-0155

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-867-0155

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

肥田芳宣(ひだよしのり)

ヒダモク(有限会社ヒダ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

やってよかった、諦めないでよかった

大手リフォーム会社と契約寸前までいきました。 でも、こち...

FK
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
我が家の火災から自分達を守る!
イメージ

先日、つくば特別支援学校で「防災訓練」があり、私もお手伝いさせていただきました。様々な体験コーナーが設...

[ 後悔しない家造り ]

「住宅ストック循環支援事業」って何だ?
イメージ

平成28年10月11日の補正予算にて、既存住宅流通・リフォーム市場の活性化を目的とした「住宅ストック循環支援...

[ 省エネ・ECO ]

ありがとう!って言いたくなるなる家が良いですね
イメージ

先日、何気にFacebookを見ていたら、「ありがとうの反対語を知っていますか?」という記事を目にしました。...

[ 後悔しない家造り ]

オリンピックもマイホームも、一番大切なのは…
イメージ

2020年の東京オリンピック、誘致時での、予算案は約7000億円強。それが現時点で、3倍増の約2兆円!といわれて...

[ 後悔しない家造り ]

より快適な毎日への第一歩を
イメージ

日本では、2020年からは省エネ基準を新築戸建てには義務付け、2030年には、全ての住宅にHEMSを設置、そして新築...

[ 省エネ・ECO ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ