コラム

 公開日: 2012-11-27 

GPS(GNSS)測量

建物表題変更登記で所在を調べてみると、建物の底地が微妙な位置関係。隣接地はすべて建物所有者様の土地であるが、増築の結果、国土調査が終わった後に増築されている建物の部分が隣地にまたいでいるかどうか判断しなければならないのだが周りに埋設されている杭もないので判断が難しい場所だった。

国土調査後に道路拡幅はされて、道路杭は設置されているのだが、公図(14条地図)の分筆ラインは登記官が加除したラインなので判断材料としては・・・・・。位置を特定するための周囲の図根点も昭和54年の国土調査時には道路沿いに設置してあったのですでに国道のアスファルトの下となってしまい見つけ出すのは困難かつ亡失の可能性大。

そこでVRS-RTK方式にGPSシステムを利用してみた。幸い上空や周囲には障害物のない地域だったこともあり衛星を8個補足できDOPの数値も良好。観測後に観測点からトラバース測量をおこない、以前任意座標で観測しておいたデータと座標変換を行い建物の位置と道路杭の位置を特定。トータルステーションで観測した斜距離には投影補正と縮尺補正を行いGPSの結果と比較。結果、敷地と建物の関係が明瞭になり建物の所在を決定し建物図面の作成ができた。さらに気になっていた道路杭同士の関連性もはっきりとしてきた。土地の測量だけでなく建物の調査にも活用できるので、VRS-RTK方式のGPS測量を活用していこう。

道路杭を基準にした境界確認や復元測量は思わぬ過ちをまねくことがあり、過去に何度か現地と測量図が不自然な関係になってしまっている現場に遭遇している。当然のことだが過ちの無い測量が大事。

この記事を書いたプロ

土地家屋調査士 疋田敬之事務所 [ホームページ]

土地家屋調査士 疋田敬之

茨城県水戸市堀町1125-30 [地図]
TEL:029-253-0365

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
茨城県水戸市の境界確定測量・土地分筆登記・建物表題登記の専門家 疋田敬之さん

境界確定測量、土地分筆登記、建物表題登記の専門家、頼りになる土地家屋調査士(1/3)

 登記には主として不動産の物理的状況を登記する表題登記、権利関係を登記する権利の登記があります。不動産の表題登記とは、不動産の状況(所在、面積など)を登記簿に記載することです。この表題登記のなかには登記法が登記申請義務を定めた登記もあります...

疋田敬之プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

電子基準点体系に基づいた境界杭の測量

事務所名 : 土地家屋調査士 疋田敬之事務所
住所 : 茨城県水戸市堀町1125-30 [地図]
TEL : 029-253-0365

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-253-0365

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

疋田敬之(ひきたたかし)

土地家屋調査士 疋田敬之事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
測量CAD
CAD

現地で観測したデータを測量CADで処理して境界杭の位置を評価検討するために福井コンピュータのBLUETREND XA登記測...

[ 土地の測量 ]

測量
TAJIMA

現地で「TAJIMA OS ONBOARD STATION」で観測した3次元測量データは器械内部に観測と同時に保存します。こ...

[ 土地の測量 ]

リアルタイム測位利用技術講習会

当事務所ではネットワーク型RTK測位を採用し世界測地系に基づく現地復元性の高い地積測量図の作成と境界票の設置を...

[ GNSS(GPS)測量 ]

暮らしの情報新聞無料配布
イメージ

高齢者向けの暮らしの情報新聞今まで登記でお世話になった方々にむけて高齢者向けの暮らしの情報新聞の配布(...

[ 暮らしの情報新聞 ]

ネットワーク型RTK-GNSSと境界確認

7月上旬に注文しておいたトプコンの2周波GNSS受信機が手元に届きそうです。今まではGPS衛星を利用したネットワーク...

[ GNSS(GPS)測量 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ