コラム

 公開日: 2013-06-27  最終更新日: 2014-07-17

住宅 地盤改良 補強


地盤補強方法の種類について(戸建て住宅など小規模なもの)

1,地盤改良砕石置き換え工法

 ブログに掲載した写真(石岡市)の様に地表面から支持層まで1.0m前後までが適用範囲と思います。

2,浅層地盤改良工法

 地表面の地盤が軟弱である時、地盤の土にセメント系固化材を添加・混合、転圧締め固めをする工法
 戸建て住宅では、敷地や施工の条件等から地表面から2.0m位までが適用範囲と思います。

3,柱状改良工法

 地中の土と固化材を機械を使って柱状に混合攪拌し、直径50~60cm杭状にする工法
 支持層まで地表面から7~8mまでが適用範囲と思います。
 (添付の写真は水戸市で柱状改良中の写真です)

4,小口径鋼管杭、RC,PC杭工法、各認定杭工法

 小口径鋼管杭は支持層まで地表面から10~12mまでが適用範囲とおもいます。
 認定杭工法は各メーカーの工法に依ります。  

5,その他、細径鋼管に依る地盤補強

 細径鋼管直径48.6ミリを地盤へ細かく圧入し無騒音、無振動の施工が出来る。
 以前に、千葉県佐原市の現場で採用したことがあり無振動で出来ました。

地盤補強方法、種類はたくさんあり地盤調査結果に依り「どれを採用するか」となります。
戸建て住宅でも地盤調査など専門家に依頼し良き住まいを!基礎は大切な部分です。

※追加
 Hy SPEED工法 柱状砕石補強体(砕石パイル)
 地盤に天然砕石を柱状に補強する工法
 最大の特徴は自然石を使うことで地盤面下が環境に良いことです。
 ブログの平屋建て曲り屋住宅で採用しています。(画像有)

連絡先 小林正一建築設計事務所 小林
 電話 0037-6060-78723(無料通話番号です)

この記事を書いたプロ

小林正一建築設計事務所

一級建築士 小林正一

茨城県東茨城郡城里町那珂西2652-5 [地図]
TEL:029-288-6390

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
茨城県東茨城郡城の一級建築士 小林正一さん

むき出しの梁や小屋組が洒落た雰囲気を演出する、木の空間構成の家(1/3)

 「“住まいの夢無限大”という気持ちで家を造っています。家を建てる方は必ず夢を持っています。その夢は、その方のこだわりと、ご家族のライフスタイルによって、全て違うオーダーメイド。どんな家にご家族と一緒にくつろぎ、どんなすてきな夢を作っていき...

小林正一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

お客様の夢に最大限の価値を提供、想いが叶う家造りをします

事務所名 : 小林正一建築設計事務所
住所 : 茨城県東茨城郡城里町那珂西2652-5 [地図]
TEL : 029-288-6390

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-288-6390

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林正一(こばやししょういち)

小林正一建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
住まいの復興給付金

消費税引上げに伴う給付金「住まいの復興給付金制度」10月1日閣議決定しました。現在、復興庁(住まいの復興給...

[ 消費税引上げに伴う給付金 ]

格天井(ごうてんじょう)
格天井

寺院の客殿を設計監理してます。大広間38.5帖の天井は格天井です。格天井(ごうてんじょう)角断面の格縁(...

住宅用制震ダンパー
イメージ

住宅用制震ダンパー設置しました。住友ゴム工業(株)「ミライエ」の制震ダンパーです。基礎と梁の間に設置し...

[ 住宅用制震ダンパー ]

格天井(ごうてんじょう)その2
イメージ

格天井(ごうてんじょう)仕上りました。客殿の大広間 38.5帖です。天井高さは約11尺(3,350ミリ)です。柱...

[ 寺院(客殿) ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ