コラム一覧

1件~15件(187件)

過去の15件

※独立行政とは

 建築物の中間検査について 昨日も上記 中間検査についてご連絡しましたが、今回は、ひたちなか市役所の 建築指導課の課長に伺いました。 ひたちなか市内の建築物において、中間検査の適正でない時期の中間検査を行った茨城県建築センターの行為に関して伺うと、茨城県庁の結果... 続きを読む

2017-03-23

※第三者機関 茨城県建築センター

 住宅建築における中間検査機関 茨城県建築センター 先日、ひたちなか市内の建築物件において上記建築センターの行った中間検査が中間検査の時期にない物件の中間検査を行い合格を出した。そのことにより、茨城県庁とひたちなか市役所より聞き取り調査が行われた。時期は、20... 続きを読む

2017-03-22

※木造住宅の中間検査。 

 現在、木造住宅の中間検査。一般の木造住宅において、床面積においては中間検査が義務である。  現在中間検査はぎむである。そこで中間検査の時期が行政により規定されている。(市町村により違う。) その中で、茨城県建築センターは、中間検査の時期を無視して検査を行い、ひ... 続きを読む

2017-03-15

※法令違反のひたちなか市役所職員

 ひたちなか市役所の道路管理課係長は法令違反。 地方公務員法に下記の記載がある。(服務の根本基準)第三十条  すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。この規定があるにもかかわら... 続きを読む

2017-03-15

(一財)茨城県建築センターは、危ない!!

イメージ

 住宅建築における中間検査について 中間検査とは、    以上のように規定されている。また、中間検査をする茨城県建築センターは、検査する時期を無視して行い、その建築現場はひたちなか市より一部の工事中止をされた。ゆえに、茨城県建築センターは危ない。... 続きを読む

2017-03-07

安倍内閣と極右勢力

アイルランドの有力紙「アイリッシュタイムズ」(2月23日付)。「極右勢力と日本政府との結びつきについて懸念が消えない。極端な国粋主義的幼稚園の運営組織となれ合いの取引を行ったのではないかとされる事件で、この懸念が再燃した」と東京特派員デイビッド・マクニール記者がリポートしている。... 続きを読む

2017-03-05

※弁護士のモラル

 弁護士のモラルを問う ある弁護士が相続財産管理人として日本国から祈んをされた。 相続財産管理人とは、財産のすべて管理することになる。 しかし、ある弁護士は財産の確認をすべてしていない。何かあるときに確認する。呆れる行為である。 その後、賃貸契約があることや、... 続きを読む

2017-03-04

※安倍内閣の状況

 現政権の安倍 晋三内閣は、疑惑の総合商社。 以前、疑惑のデパートと言われた方がいた。 しかし、現在の内閣は疑惑しかない。その内容は、森友学園に関していろいろと出てきている。文部科学省・財務省・外務省等。天下りに関しても同様である。文部科学省に始まり、すべての... 続きを読む

2017-03-04

※厚生労働省と公安警察は何をしている。

 先日、朝日新聞デジタルの2017年2月16日に下記の内容が掲載されました。  医師法の第七条2 医師としての品位を損するような行為があったときは、厚生労働大臣は、次に揚げる処分をすることができる。 一 戒告 二 三年以内の異形の停止 三 免許の取消しと、記載がある。... 続きを読む

2017-02-24

※安倍内閣は、犯罪行政の巣窟

 文部科学省における違法行為。この責任は、安倍晋三にある。何もできない安倍晋三は、犯罪行政の主犯といえるかもしれない。公務員法改正を、言い続けているが出来ないのは安倍晋三の責任。税金で生活するのは、一家族一人にするべきである。 だから、公務員の犯罪が減らない原因で... 続きを読む

2017-02-08

※ひたちなか市役所職員の呆れた行為-4

 ひたちなか市役所は、以前ひたちなか市役所で土地の分譲をしたが、その時の面積が間違っており、それを知った所有者がひたちなか市役所に対応を求めたが、時間が経過したとして対応できないと。ひたちなか市役所の職員は、いい加減な対応をする職員が多い?または、ひたちなか市役所は職... 続きを読む

2017-01-30

※茨城県警察における懲戒処分

 先日のいはらき新聞に掲載されました。茨城県警の懲戒は、免職1人、停職2人、減給2人の計5人。警察官は、何のために警察に入ったのか理解出来ない人がいる。 続きを読む

2017-01-30

※ひたちなか市役所職員の呆れた行為-3

 ひたちなか市役所のあきれ職員建築指導課。建築指導課は、開発行為に隣接する2項道路に境界を確認しないで許可を出す。そのまま、開発行為の許可済を出す。呆れたことをする職員。しかも、この職員には罰則がない。ひたちなか市役所万歳!! 続きを読む

2017-01-30

※ひたちなか市役所職員のあきれた行為-2

 ひたちなか市役所の建築指導課において。開発行為の事前協議をまともに行っていない。 接道が2項道路であり、その道路に電柱がある。普通は、2項道路に電柱があれば電柱を開発行為の敷地に入れる。これが普通であるが、数回現地に行っても電柱に関する指導をしない。それどころか、... 続きを読む

2017-01-30

※ひたちなか市役所職員の呆れた行為-1

 ひたちなか市役所の職員の呆れた行為 道路管理課において、道路幅員が4m未満の道路において、片方のセットバック部分にゼブラゾーンを作り進入禁止に。しかし、反対側のセットバックは、使用可能。呆れた行為を、担当者が一人で決め他の係員は知らない。勝手な行為をする職員がいる... 続きを読む

2017-01-30

1件~15件(187件)

過去の15件

RSS
取材欄(1)

先日、トップフォーラムの貴社より、取材の連絡があり取材を行いました。ゲストインタビューアーは、俳優の黒田福美さんです。約40分位の取材でした。内容につい...

物件に関するお問合せ(2)

現在、当社において不動産の土地・中古の建物を探して居る方がおります。所在地は、茨城県ひたちなか市・水戸市・那珂市・日立市・笠間市他で探しております。ご希...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
茨城県ひたちなか市の不動産売買業務の専門家 横山修一さん

裏表の無い誠実な対応で安心して頼れる不動産コンサルタント(1/3)

 土地や建物などの不動産の購入や売却には、煩雑な事務手続きとともに、土地利用に関する様々な法的知識が必要となります。例えば土地の売買や交換の際に提出が義務付けられている「重要事項説明書」は現在ではA4サイズで12ページもあり、契約の際に必要...

横山修一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

本音の不動産コンサルタント業務に強み。

会社名 : ニッチ・コンサルタント
住所 : 茨城県ひたちなか市高野3246番地 [地図]
TEL : 029-285-3731

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-285-3731

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山修一(よこやましゅういち)

ニッチ・コンサルタント

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

感謝のお言葉を頂きました

 先日、上記不動産の決済が完了致しました。  お客様は、県...

F・I
  • 男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
※独立行政とは

 建築物の中間検査について 昨日も上記 中間検査についてご連絡しましたが、今回は、ひたちなか市役所の...

※第三者機関 茨城県建築センター

 住宅建築における中間検査機関 茨城県建築センター 先日、ひたちなか市内の建築物件において上記建築セ...

※木造住宅の中間検査。 

 現在、木造住宅の中間検査。一般の木造住宅において、床面積においては中間検査が義務である。  現在中...

※法令違反のひたちなか市役所職員

 ひたちなか市役所の道路管理課係長は法令違反。 地方公務員法に下記の記載がある。(服務の根本基準)...

(一財)茨城県建築センターは、危ない!!
イメージ

 住宅建築における中間検査について 中間検査とは、    以上のように規定されている。...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ