コラム

 公開日: 2016-12-01 

ひたちなか市役所は、危ない行政

 先日、ひたちなか市役所(旧勝田市)が行った土地売買に間違があることが判明。

 ひたちなか市役所の顧問弁護士は、事項を主張している。
市民を守るべき行政の行いは理解出来ない。

 地方公務員法で、下記規定がある。

 (信用失墜行為の禁止)
第三十三条  職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

(職務に専念する義務)
第三十五条  職員は、法律又は条例に特別の定がある場合を除く外、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、当該地方公共団体がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない。

しかし、上記における罰則規定がない。
ゆえに、犯罪行為を起こしても問題とならない。

この様な行政を改正することのできない自民党では、よくならない。

 法令を守らないのがひたちなか市役所である。

この記事を書いたプロ

ニッチ・コンサルタント [ホームページ]

宅地建物取引士 横山修一

茨城県ひたちなか市高野3246番地 [地図]
TEL:029-285-3731

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
取材欄(1)

先日、トップフォーラムの貴社より、取材の連絡があり取材を行いました。ゲストインタビューアーは、俳優の黒田福美さんです。約40分位の取材でした。内容につい...

物件に関するお問合せ(2)

現在、当社において不動産の土地・中古の建物を探して居る方がおります。所在地は、茨城県ひたちなか市・水戸市・那珂市・日立市・笠間市他で探しております。ご希...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
茨城県ひたちなか市の不動産売買業務の専門家 横山修一さん

裏表の無い誠実な対応で安心して頼れる不動産コンサルタント(1/3)

 土地や建物などの不動産の購入や売却には、煩雑な事務手続きとともに、土地利用に関する様々な法的知識が必要となります。例えば土地の売買や交換の際に提出が義務付けられている「重要事項説明書」は現在ではA4サイズで12ページもあり、契約の際に必要...

横山修一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

本音の不動産コンサルタント業務に強み。

会社名 : ニッチ・コンサルタント
住所 : 茨城県ひたちなか市高野3246番地 [地図]
TEL : 029-285-3731

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-285-3731

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山修一(よこやましゅういち)

ニッチ・コンサルタント

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

建売住宅について

 住宅を購入したいとのお話を頂きました。  私が、販売代理...

S
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
※住宅会社における信頼

 皆様は住宅をどのように考えますか? 住宅は、現場環境で判断してはいけない。住宅は、私たち個人が一生...

※東京オリンピックを推進したことは誤り。

 東京オリンピックを誘致して、「金」でもめる東京都を関係する道府県ともめている。金がないなら「オリン...

※行政機関の職員は、法令を遵守しない。

 公務員は、地方公務員法、国家公務員法との法律の下職務を行うと規定されている。 しかし、この者のたち...

※茨城県建築センターの実力
イメージ

 2017年3月15日に投稿したコラムの茨城県建築センターの行為の関する資料を入手致しました。茨城県...

※現内閣の能無し集団

 今村雅弘復興相の発言4月25日の自民党二階派のパーティーの挨拶の中で、東日本大震災の人的被害、社会資...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ