コラム

 公開日: 2017-07-10 

ひたちなか市職員のレベルが低い。

ひたちなか市役所の職員は、
自分たちの法令を理解出来ていない。

下記に、地方公務員法を示す。
(服務の宣誓)
第31条  職員は、条例の定めるところにより、服務の宣誓をしなければならない。

そして、ひたちなか市役所の宣誓書は、
下記に示す。



しかし、下記ひたちなか市長の回答を添付







ひたちなか市役所の職員は、
自分たちを「全体の奉仕者」と
のみ理解している。

宣誓書とは、コトバンクより

宣誓書】 宣誓の趣旨を一定の文言で表した文書。
通常、訴訟手続などでは証人等は、この文書を朗読して宣誓を行い、
公務員の服務に関する宣誓は、宣誓書に署名して行う。

宣誓書は、市長宛となっているが、
市長は、市民の代表であり
「市民」に宣誓していることである。

だが、ひたちなか市役所の職員は、
「宣誓書」を理解出来ていない。

要は、法令を無視していることになる。

それだけ、レベルの低い職員で成り立っている。

市長のレベルが低く、職員の指導が出来ていない。
これが現実である。

この記事を書いたプロ

ニッチ・コンサルタント [ホームページ]

宅地建物取引士 横山修一

茨城県ひたちなか市高野3246番地 [地図]
TEL:029-285-3731

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
取材欄(1)

先日、トップフォーラムの貴社より、取材の連絡があり取材を行いました。ゲストインタビューアーは、俳優の黒田福美さんです。約40分位の取材でした。内容につい...

物件に関するお問合せ(2)

 任意売却でお困りの方は、ご相談ください。

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
茨城県ひたちなか市の不動産売買業務の専門家 横山修一さん

裏表の無い誠実な対応で安心して頼れる不動産コンサルタント(1/3)

 土地や建物などの不動産の購入や売却には、煩雑な事務手続きとともに、土地利用に関する様々な法的知識が必要となります。例えば土地の売買や交換の際に提出が義務付けられている「重要事項説明書」は現在ではA4サイズで12ページもあり、契約の際に必要...

横山修一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

本音の不動産コンサルタント業務に強み。

会社名 : ニッチ・コンサルタント
住所 : 茨城県ひたちなか市高野3246番地 [地図]
TEL : 029-285-3731

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-285-3731

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山修一(よこやましゅういち)

ニッチ・コンサルタント

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

建売住宅について

 住宅を購入したいとのお話を頂きました。  私が、販売代理...

S
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
※住宅ローンの返済でお困りの方へ

 住宅ローンでお困りの方は、任意売却取扱主任者をご存知ですか?返済に関して、抵当権設定物件を売却する知...

※法律

 この国の法律は、国会で作られる。その国会で、2016年5月16日の国会での発言ほんとうにこの人は...

※日本企業の崩壊

 先日、神戸製鋼所のデータねつ造が発覚。10年以上前から組織的に行われていた。では、どうして発覚した...

※日立製作所の総合病院-1

前回の続き病院という人の生命を扱うところにおいて一人の看護師の対応について日立製作所本社の総務課...

※日産自動車について

 日産自動車は、国土交通省の立ち入り検査で新車自動車の検査を資格のない者が行っていたことが判明した。...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ