コラム

 公開日: 2017-11-10 

※法律

 この国の法律は、国会で作られる。

その国会で、2016年5月16日の国会での発言

ほんとうにこの人は、どこまで無知を晒すのだろう。16日の衆院予算委員会で、またも安倍首相が驚くような発言を行った。
 例の、民進党・山尾志桜里政調会長が安倍首相の政策を批判し、「女性活躍どころか“男尊女卑”政権だ」と突きつけた同じ委員会でのことだ。山尾議員は安倍首相に、なぜ保育問題に前向きに取り組まないのかと訴えたのだが、安倍首相は「山尾委員は議会の運営ということについて少し勉強していただいたほうがいいと思います」と前置きして、こう述べたのだ。
「議会についてはですね、私は立法府、立法府の長であります」
 国会中継を見ていた人は、思わず耳を疑い、フリーズしたに違いない。総理大臣は行政府(内閣)の長ではあるが、立法府(国会)の長では断じてないからだ。勉強したほうがいいのは間違いなく、安倍首相のほうである。
 しかも嘆かわしいことに、翌日の参院予算委員会でも安倍首相は、安保法制採決時の議事録について質問を受けて、「立法府の私がお答えのしようがない」と回答。もはや自民党には「間違ってますよ」と注意する人間もいないということが露呈した。
 だが、はたしてこの発言はたんなる言い間違いなのだろうか。というのも安倍首相は、2007年の日本国憲法に関する調査特別委、さらには今年4月18日のTPP特別委でも同様に「私が立法府の長」と発言。それらの際はその場で「立法府ではなく行政府」と指摘を受けているのだ。
 国会という場で何度も間違って注意されているにもかかわらず、一向に正す気配がない。これは、わたしたちの想像の域をはるかに超えたおたんこなす宰相の証拠であるような気もするが、もうひとつ、可能性がある。それは、この総理が自分は事実上の「立法府の長」だと思っている、ということだ。いや、三権分立などを超えて、本気でこの人はあらゆる権力を握っていると盲信しているのではないか。
 たとえば、2014年2月12日の国会で言い放った「(憲法解釈の)最高責任者は私です」という発言はどうだ。
 このとき安倍首相は、これまでの政府見解を180度方向転換して集団的自衛権の行使を解釈の変更だけで可能にすることの問題を追及され、「私たちは選挙で国民から審判を受けるんですよ。審判を受けるのは、法制局長官ではないんです、私なんです」とブチ切れた。
(リテラ 2016.05.19を添付)

このような方が、内閣のであるから、まともな法律が少ない。


その一例
先日の高速での事故

神奈川県大井町の東名高速道路で6月、トラックがワゴン車に追突しワゴン車の夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの疑いで神奈川県警に逮捕された石橋和歩容疑者(25)=福岡県中間市=の乗用車が、約1分間にわたって夫婦のワゴン車の前で頻繁に車線変更するなど妨害走行を続けていたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

(産経ニュース 2017.10.13 01:16より添付)

この事故は、運転中でないと危険運転致死傷罪に該当しない

危険運転致死傷罪(きけんうんてんちししょうざい)は、自動車の危険な運転によって人を死傷させた際に適用される犯罪類型である。

危険運転致死傷罪とは、運転中及び運転の過程における自動車の危険な運転及び運転者の危険な行為によって人を死傷させた際に適用される犯罪類型である。とすべきである。(参考)
とすべきである。

しかし、国会議員のレベルの低さから犯罪行為をより重い刑罰にすべきであるが、一部に規定したため初期逮捕時に軽い刑罰にしか出来ない。

法律は、詳細に決めるべきではない。

この記事を書いたプロ

ニッチ・コンサルタント [ホームページ]

宅地建物取引士 横山修一

茨城県ひたちなか市高野3246番地 [地図]
TEL:029-285-3731

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
取材欄(1)

先日、トップフォーラムの貴社より、取材の連絡があり取材を行いました。ゲストインタビューアーは、俳優の黒田福美さんです。約40分位の取材でした。内容につい...

物件に関するお問合せ(2)

 任意売却でお困りの方は、ご相談ください。

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
茨城県ひたちなか市の不動産売買業務の専門家 横山修一さん

裏表の無い誠実な対応で安心して頼れる不動産コンサルタント(1/3)

 土地や建物などの不動産の購入や売却には、煩雑な事務手続きとともに、土地利用に関する様々な法的知識が必要となります。例えば土地の売買や交換の際に提出が義務付けられている「重要事項説明書」は現在ではA4サイズで12ページもあり、契約の際に必要...

横山修一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

本音の不動産コンサルタント業務に強み。

会社名 : ニッチ・コンサルタント
住所 : 茨城県ひたちなか市高野3246番地 [地図]
TEL : 029-285-3731

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-285-3731

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山修一(よこやましゅういち)

ニッチ・コンサルタント

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

通信会社について

 先日、ご自分のお付き合いの通信会社の対応が悪いと思いま...

M・Y
  • 女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
※住宅ローンの返済でお困りの方へ

 住宅ローンでお困りの方は、任意売却取扱主任者をご存知ですか?返済に関して、抵当権設定物件を売却する知...

※日本企業の崩壊

 先日、神戸製鋼所のデータねつ造が発覚。10年以上前から組織的に行われていた。では、どうして発覚した...

※日立製作所の総合病院-1

前回の続き病院という人の生命を扱うところにおいて一人の看護師の対応について日立製作所本社の総務課...

※日産自動車について

 日産自動車は、国土交通省の立ち入り検査で新車自動車の検査を資格のない者が行っていたことが判明した。...

※日立製作所の総合病院の話

 この総合病院の対応に対する以下のような話がありました。 この病院で、内視鏡の検査を予定していた方が...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ