コラム

 公開日: 2018-04-24 

<患者さんのギモンを歯科医が解説>歯周病って治らない?!歯石除去だけでホントに治るの?

1.私には歯周病は関係ない?いつの間にか歯周病は進行する

 「歯周病(昔の言い方だと歯槽膿漏)」と聞いて皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?ご自分には関係ない…と思ってませんか?歯周病は早い人で30代から、ご自身ではちゃんと歯を磨いているつもりの普通の人でも40代くらいからは、ほとんどの方が罹患します。非常に罹患率の高い疾患なんです。
 初期の歯周病は大した症状を伴わないために大抵の方は自覚が無く、歯周病による炎症=歯周炎が始まっていることをご説明しても、他人事のように考えている患者さんを多く見かけます。40代後半から50代になる頃まで放置し、歯周病が何年もかけて中等度のレベルまで進行すると、歯肉の腫れ、歯磨き時の出血が起こって再度、歯科医院を受診し、「歯周病の進行」を告げられて慌てる方がほとんどなんです。

歯科衛生士による口腔ケア

 歯周病はむし歯と同様に細菌感染によって起こります。犯人が特定のバイ菌であることがハッキリしている感染症ですから、上手に丁寧に歯磨きをして、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けるなど、常に口の中をきれいに保つ=バイ菌の数を少ないレベルにしておくことで進行を抑制できます。但し、明らかな症状が出てきた歯周病では、歯周炎によって吸収してしまった歯槽骨(=歯肉の下にある歯根を支えている周囲のあごの骨)はほとんど回復しませんから、歯周病が進行してから一生懸命に歯磨きを頑張っても、残念ながらある意味「手遅れ」なんです。もちろん現状維持のためには必要なことなんですけども…

歯科医師が解説!ジスロマックだけでは歯周病は完治しません! 

2.歯周病の治療のゴールは現状維持

 インターネット上で「歯医者で歯石取りを繰り返しても、歯磨きを頑張っても歯周病が治らないのはなぜか?」という趣旨の患者さんからの質問?疑問?を見かけます。一般の方々が考える「歯周病が治る」という状態が、「完全に元通り」のことであれば、それは不可能であり「歯周炎が小康状態になる」、「歯周病の進行が止まる」というのが歯周病の治療上の正しいゴールと言えます。
 先述のように歯周病治療で一番重要なのは「プラークコントロール」、すなわち歯垢を除去して口の中の細菌を少なく保つことです。具体的には、

①患者さんが行う毎日のブラッシング、
②歯科医院で行うスケーリング(歯石取り)、
③ルートプレーニング(歯根に付着した歯石を掻き出す処置)、
④歯周ポケットの洗浄(歯茎の中の薬液洗浄)
⑤DDS(軟膏など薬剤の注入、局所投与)
⑥抗生剤や漢方薬の内服

などを組み合わせて行うことにより、合わせ技で歯周病菌の排除を図り、また増殖を抑えてコントロールしていくことです。

<歯科医師が教える歯みがき>昭和の名残「1日3回3分歯みがき」の問題点

3.かかりつけ歯科でのメンテナンスがただの”歯石取り”になってませんか?

 以前に他の歯科医院で歯周病を指摘され、心を入れ替えて一生懸命に歯磨きしている患者さん、定期的にメンテナンスを受けていた真面目な患者さんの場合、一見すると清掃状態も良好なのですが、そもそも進行した歯周炎では、歯ブラシの届かない歯周ポケットの中=歯根に沿って歯ぐきの中の奥深い部分に病巣があります。通常の歯みがきや歯石取りだけでは不十分なこともあるんです。
 歯周病菌は嫌気性菌(けんきせいきん)という酸素が嫌いなバイ菌です。空気に触れると死んでしまいます。従って歯ぐきの奥深い所=歯周ポケットに住んでいますから、見えている歯石を取るだけでなく、歯根に沿って歯肉の中へのアプローチが必要だと思います。患者さんが歯ブラシが入れられない歯周ポケットの中を、ご自身でお手入れすることは難しいので、ある程度進行した歯周病の病巣は私たちの仕事になります。それが上記のルートプレーニングという、麻酔をした上で歯根表面の歯石と汚染された歯質を丹念に取り除く処置や、薬液による歯周ポケット洗浄、抗生剤軟膏の注入などです。

歯石の除去

 歯医者さんによっては「とにかくよく歯を磨きなさい!」、「歯周病の治療=歯石取り」の一辺倒のセンセもおられますから、定期的に口腔ケアを受けて、歯科衛生士さんの指導で歯磨きも真面目にやっているのにもかかわらず、歯肉の腫れが引かない、小康状態が得られない患者さんは少しアプローチを変えないといけないのかもしれませんね。
  
歯科医師がオススメ 音波歯ブラシ”ソニッケアー”を使うメリッ

お口の総合クリニック(歯科・口腔外科)/茨城県のインプラント専門医
つくばオーラルケアクリニック http://www.tsukuba-occ.com/
facebookページ http://www.facebook.com/tsukuba.occ

この記事を書いたプロ

つくばオーラルケアクリニック [ホームページ]

歯科医 飯田裕

茨城県土浦市荒川沖東2-16 アライテナントA101号 [地図]
TEL:029-879-5255

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
休診のお知らせ
イメージ

<夏季休診のお知らせ>当クリニックの夏休みのお知らせです。2018年8月13日(月)、8月14日(火)は夏季休診とさせていただきます。※11日(土)が山の日で祝日、...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
茨城県土浦市の歯科インプラント治療のエキスパート 飯田裕さん

確かな専門性と実績で患者さんの心情に寄り添った治療を提供(1/3)

 つくばオーラルケアクリニックは、インプラント治療と鎮静剤を併用した歯科治療に力を入れています。さらに、口内炎の治療、口の怪我などにも対応し「お口の総合クリニック」として県南地域の皆さんに信頼を得ています。 院長の飯田裕さんは、歯学部を...

飯田裕プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

口腔外科の豊富な臨床経験に裏付けされたインプラント治療技術

医院名 : つくばオーラルケアクリニック
住所 : 茨城県土浦市荒川沖東2-16 アライテナントA101号 [地図]
TEL : 029-879-5255

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-879-5255

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

飯田裕(いいだゆたか)

つくばオーラルケアクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

眠っている間にあっという間 「もう抜歯終わったの!?」ってカンジです。

以前通っていた歯科医院で・・・麻酔が全然効かなくてひどく...

しゃねるん
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
歯科医師が解説!ジスロマックだけでは歯周病は完治しません!<歯科・薬物療法・抗生剤>
イメージ

 1.歯周病は細菌感染ですから抗生剤は効きますが・・・  近頃は「何度も歯医者に通っても歯周病が治らない!...

[ 一般歯科,虫歯,歯周病治療 ]

歯科衛生士や助手を感染から守るために<歯科の感染対策、感染防御>
イメージ

 1.診療器具を滅菌するのは当たり前。スタッフの安全性は?   歯科クリニックの感染防御対策については、主に...

[ 歯科診療全般・歯科医・口コミ ]

<専門医が解説>インプラント手術は痛い?痛みの度合いはどれくらい?[インプラント歯科]
イメージ

 1.「インプラントは危険」とする過剰なまでの報道  インプラント治療は入れ歯に比べて利点も多く、その優れ...

[ インプラント治療・手術・CT ]

<インプラント専門医が解説>ブリッジとインプラントの比較 ブリッジはホントに安全?
臼歯部のブリッジ

 虫歯や歯周病、交通事故などの外傷により歯を失った場合、歯がなくなってしまった部位に人工の歯を入れて、見た...

[ インプラント治療・手術・CT ]

結婚式に向けて歯を白く!歯のブライダルエステとは?<審美歯科・ホワイトニング/つくば・土浦>
イメージ

 1.結婚式では白い歯で笑顔に自信を  結婚式に備えて、「もっと歯を白くしたい」という患者さんが近頃増えて...

[ 審美歯科,ホワイトニング(白い歯) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ