コラム

 公開日: 2015-02-24  最終更新日: 2015-10-22

歯科におけるインフォームドコンセントと2025年問題を考える<歯科診療(茨城県 つくば・土浦)

1.超高齢化社会で歯科診療はどう変わる?

  「2025年問題」って皆さんは聞いたことありますか?
 日本がすでに超高齢化社会を迎えていることは皆様もご存知かと思います。少子化と高齢者の増加は、消費する人の減少で景気を冷え込ませるだけではありません。働く世代の減少と、景気の悪化により税収がもっと落ち込むので、医療・福祉などの社会保障費の財源が不足する一方、2025年には団塊の世代が75歳になり、社会保障を必要とする後期高齢者が増加するため、需給バランスが崩れる懸念があるとされています。

高齢者

スポーツ中の事故防止のためのマウスピースとは?

金欠のせいで日本の健康保険、介護保険の制度はいったいどうなってしまうのか??この話は大変重要な問題ではありますが、今日はもう少し臨床的な話を・・・


2.来院する患者さんの7人に1人が認知症??

 歯科医院の立地条件により、来院する患者さんの年齢層は変わってくるとは思いますが、高齢者の患者さんが増加するのは確実ですから、私たちはクリニックの診療体制や方向性を見直して、高齢者向けの接遇を含めた歯科医療サービスの提供を考えなくてはなりません。





「医療もサービス業?!」の新常識に感じる違和感

 また、2025年には7人に1人が認知症になると言われています。

 歯科医院だけではなく、もう世の中大混乱なはずです。認知症の症状としてはいろいろありますが、うつ状態や妄想のような精神症状、記憶障害、見当識障害、理解・判断力の低下などを生じますから、

担当医:「先週に型取りした金属の詰め物が出来ていますから、装着しますね~」
患者A:「わしゃ知らん」、「そんなもの頼んだ覚えはない!!」
担当医:「コレAさんのですよ。」、「この前、型を採ったでしょ?!」
患者A:「お前はわしをだまそうとしてんのか?(怒)」

 極端なことを申し上げれば、こんな感じの会話は珍しくなくなるかもです。どうしますか?…1時間に4~6人予約を入れている普通の診療所で、日に何人もこの調子だったら…。ホントはゆっくり診れればいいのですが…健康保険の診療報酬は低く抑えられていますから、経営のことを考えると現実的には難しいですね。

 ウチで実際にあった事例なんですが、口内炎でお悩みの男性に処方箋で過去に3回お薬を処方しました。
 再来院した際に、「この前と同じお薬出しますね・・・」と申し上げたところ、患者さんが、「処方箋を出してもらったことはない!」と言い張り、「処方箋料をだまし取られた…」みたいなことをおっしゃるので、仕方なく近所の薬局に何軒か電話で確認したところ、一番近い薬局から「3回ともご本人が取りに来られていますよ~♪」とのコメントをいただきました。

口内炎の原因と治療、予防について 

3.患者さんとのトラブルをどう回避する?

 ご高齢の患者さんとの間にトラブルを生じないためには、どのように説明、対応、意思確認していくかべきか、歯科医療スタッフの方々はスタッフミーティングで検討してみてください。
 私のクリニックでは事前予防策として、インプラントや抜歯だけではなく、自費(保険外)の修復物、ホワイトニングなどについてはそれぞれ専用の「見積り書」、「説明用リーフレット」などを用意して、配布し、「承諾書・同意書」などに署名を求めます。もちろん高齢者の患者さんだけではありませんよ、全員です。中にはご面倒に感じる患者さんもおられるかもしれません。しかしながら、ご自身の身体に関わることですし、

承諾書、同意書

1)担当医やスタッフが説明すべき事項の説明し忘れ、内容が抜けてしまうのを防止する
2)治療内容やリスク、治療費用を明文化することで患者さんの誤解、思い違いを防ぐ

インプラントの治療費用、茨城県の値段の相場は?

などの目的がございますので、どうぞご理解くださいませ。生命保険の約款のように小さい字でびっしり書いたりしてませんので(笑)、ぜひご一読いただきたいと思っております。

 しかし将来的には、文書を交わすだけでは不十分かもしれません。プライバシーの問題もありますし、患者さんには嫌がられるかもしれませんが、説明内容を全て録画、録音し、一定期間保存する必要性に迫られるかもしれませんね。顧客との契約を要する他の業種やサービス業はどうするんでしょうか?同業者の方、患者さん側からのご要望、アイデアなどがあればぜひ伺いたく思っております。「アドバイス受付中です!」よろしくお願いいたします。

<Dent. DHの方で、ご質問、ご追加がある方はお気軽にメールもしくはfacebookからご連絡下さい>


お口の総合クリニック<歯科・口腔外科>/茨城県つくば・土浦で口内炎の治療なら
つくばオーラルケアクリニック http://www.tsukuba-occ.com/
facebookページ http://www.facebook.com/tsukuba.occ

この記事を書いたプロ

つくばオーラルケアクリニック [ホームページ]

歯科医 飯田裕

茨城県土浦市荒川沖東2-16 アライテナントA101号 [地図]
TEL:029-879-5255

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
休診のお知らせ
つくばの銀杏並木

<臨時休診の予定>2016年10月16日(日)は臨時休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、ご高配のほどよろしくお願いいたします。

スタッフ募集中!
イメージ

私たちは完全予約制診療で、患者さんへの説明に時間をかけ、安全性に配慮した丁寧な処置を行っています。ゆとりの60分枠で口腔ケアや衛生指導ができます。他院に勤務...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
茨城県土浦市の歯科インプラント治療のエキスパート 飯田裕さん

確かな専門性と実績で患者さんの心情に寄り添った治療を提供(1/3)

 つくばオーラルケアクリニックは、インプラント治療と鎮静剤を併用した歯科治療に力を入れています。さらに、口内炎の治療、口の怪我などにも対応し「お口の総合クリニック」として県南地域の皆さんに信頼を得ています。 院長の飯田裕さんは、歯学部を...

飯田裕プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

口腔外科の豊富な臨床経験に裏付けされたインプラント治療技術

医院名 : つくばオーラルケアクリニック
住所 : 茨城県土浦市荒川沖東2-16 アライテナントA101号 [地図]
TEL : 029-879-5255

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-879-5255

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

飯田裕(いいだゆたか)

つくばオーラルケアクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

ガタガタの前歯がきれいに治りました!自分でもびっくりです!!

 学生の頃から前歯の重なりがずーっと気になっていました。...

K・I
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
インプラント手術は痛い?痛みの度合いはどれくらい?[茨城県(つくば・土浦)インプラント歯科]
イメージ

 1.「インプラントは危険」とする過剰なまでの報道  インプラント治療は入れ歯に比べて利点も多く、その優れ...

[ インプラント治療・手術・CT ]

歯科衛生士や助手を感染から守るために<歯科、感染対策、感染防御(茨城県/つくば・土浦)>
イメージ

 1.診療器具を滅菌するのは当たり前。スタッフの安全性は?   歯科クリニックの感染防御対策については、主に...

[ 歯科診療全般・歯科医・口コミ ]

ブリッジとインプラントの比較 ブリッジはホントに安全?<インプラント・口腔外科/つくば・土浦>
臼歯部のブリッジ

 虫歯や歯周病、交通事故などの外傷により歯を失った場合、歯がなくなってしまった部位に人工の歯を入れて、見た...

[ インプラント治療・手術・CT ]

結婚式に向けて歯を白く!歯のブライダルエステとは?<審美歯科・ホワイトニング/つくば・土浦>
イメージ

 1.結婚式では白い歯で笑顔に自信を  結婚式に備えて、「もっと歯を白くしたい」という患者さんが近頃増えて...

[ 審美歯科,ホワイトニング(白い歯) ]

「歯科用CTで安全にインプラント」の落とし穴<インプラント・口腔外科/茨城県 つくば・土浦>
歯科用インプラント

 1.歯科用CTの優位性、レントゲン写真との比較  80年代に医療現場にX線CTが普及し始めて、2000年頃からは歯...

[ インプラント治療・手術・CT ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ