コラム

 公開日: 2013-11-23  最終更新日: 2015-04-27

歯科の感染防御対策① 器具の滅菌について <歯科・口腔外科(茨城県/つくば・土浦)>

 

1.多くの歯科医院の感染対策は万全とは言えない

 「米オクラホマ州の歯科医院で治療を受けた患者約7000人に対し、同州の保健当局がエイズウイルス(HIV)の検査を受けるように勧告した」というニュースが今年の3月にありました。保健当局によると、同州タルサの歯科医師が治療器材・器具の滅菌処理を適切に行っておらず、この医師の治療を受けた約7000人の患者がエイズウイルス(HIV)に感染した恐れがあると発表したものです。考えただけで恐くなるニュースだと思いませんか?

 一般の方々はよく「歯医者を選ぶポイントは痛くないこと」「あの歯医者はウデが良い」などと僕らのことを値踏みなさいますが(笑)、きれいに歯が治った・・・でも怖い病気をうつされていた・・・なんてシャレにもなりませんよね?これは治療以前の問題ですので、院内の環境はできるだけ清潔に、使用する器具は絶対に安全でなければなりません。

インプラント治療の歯医者の選び方 ~激安にご用心~

2.感染対策では肝炎ウィルスをターゲットにする

歯科診療の際に、特に問題となる病原微生物としては、HIV、B型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)などがあります。歯科では日常的に歯を削ったり、抜歯したりなどの外科的処置が多いため、我々は患者さんの血液や膿、唾液などの感染性物質に接触したり、飛沫を浴びる危険性が常にあります。
 また、治療に使用する多くの医療器具は、大変高価なものもあり、すべてを使い捨てにすることはできませんが、直接感染性物質に接触するわけですから、汚染されていると考えられます。従って歯科医院では一般の医療施設以上に感染対策が要求されるのです。


滅菌機(オートクレーブ)

歯科衛生士や助手を感染から守るために

 具体的には、患者さんの口の中に直接入る器具で、金属製など熱を加えても大丈夫な製品は、オートクレーブ(加圧蒸気滅菌機=2気圧121度で20分)で滅菌します。ちなみに滅菌とは、すべての微生物(細菌、ウイルスなど)を死滅させることを言います。消毒とは「無害なレベルまで細菌を減らすこと」ですから、手洗いやアルコールで拭くことは消毒になります。オートクレーブは医療機関を開設する際に、保健所が設置されているかをチェックしに来ますから、すべての医療機関に必ず備わっています。
問題はシリコンやゴム、紙、プラスチックなど熱を加えられない製品についてです。これらについては、医療機関によってやり方・考え方がだいぶ違うのではないかと思います。


3.つくばオーラルケアクリニックの感染防御策

 私のクリニックの場合、できるだけ使い捨てのものを使用するのは当然ですが、血液などのたんぱく質を分解する薬液に漬けた後、自動洗浄機もしくは超音波洗浄機で洗浄し、薬液による消毒や、グルタラール(グルタールアルデヒド液)で化学的滅菌を行います。通常、HIVはそこまで強いウイルスではないので、感染力が強い肝炎ウイルスに対応する方法で消毒・滅菌を行います。肝炎ウイルスに対しては塩素系の消毒薬や、イソジン、グルタラールしか有効ではありません(エタノールなどは無効です)ので、診療室の床やスピットン(患者さんがうがいするところ)、型取りした石膏模型などは塩素系消毒薬を使用しています。

バリアフィルム

主治医以外の医師の意見を聞く=セカンドオピニオンをご存知ですか?

 また、ユニット(治療台)の操作パネルや口の中を照らすライトの取っ手の部分など、グローブした手で触る部分は完全な消毒がしづらい部分ですが、写真のようにブルーの使い捨てフィルムを貼り付けて、その上から触れるようにし、患者さんごとに交換しています。ウチの母が治療に来た際に、診療台を購入した時に貼ってあったフィルムカバーをそのままにしている・・・と勘違いして、「もう取ったら?」言いました(笑)。患者さんでもそう思っている方がいるのでは・・・と心配になりますが、そんなことはありませんのでご安心下さい。

歯科では大きな機械から、小さな器具、いろんな材質の道具、薬品を使用するため、消毒・滅菌などの感染対策は完璧にやろうとしてもキリがないのかもしれません。また、コストや手間が必要な対策もあります。当院では、現状で考えられる安全対策については手を抜かずにやっていきたいと思っておりますので、徹底して清潔な環境を整えるためにも、1日あたりの受診患者さんの数を制限することになりますが、完全予約制とさせていただいている次第です。

歯科の感染防御対策② 手洗いとグローブについて

<Dent. DHの方で、ご質問、ご追加がある方はお気軽にメールもしくはfacebookからご連絡下さい>


つくば・土浦の歯科口腔外科/口内炎、顎関節症、口臭ケアの治療なら
つくばオーラルケアクリニック http://www.tsukuba-occ.com/
facebookページ http://www.facebook.com/tsukuba.occ

この記事を書いたプロ

つくばオーラルケアクリニック [ホームページ]

歯科医 飯田裕

茨城県土浦市荒川沖東2-16 アライテナントA101号 [地図]
TEL:029-879-5255

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
休診のお知らせ
つくばの銀杏並木

<臨時休診の予定>2016年10月16日(日)は臨時休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、ご高配のほどよろしくお願いいたします。

スタッフ募集中!
イメージ

私たちは完全予約制診療で、患者さんへの説明に時間をかけ、安全性に配慮した丁寧な処置を行っています。ゆとりの60分枠で口腔ケアや衛生指導ができます。他院に勤務...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
茨城県土浦市の歯科インプラント治療のエキスパート 飯田裕さん

確かな専門性と実績で患者さんの心情に寄り添った治療を提供(1/3)

 つくばオーラルケアクリニックは、インプラント治療と鎮静剤を併用した歯科治療に力を入れています。さらに、口内炎の治療、口の怪我などにも対応し「お口の総合クリニック」として県南地域の皆さんに信頼を得ています。 院長の飯田裕さんは、歯学部を...

飯田裕プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

口腔外科の豊富な臨床経験に裏付けされたインプラント治療技術

医院名 : つくばオーラルケアクリニック
住所 : 茨城県土浦市荒川沖東2-16 アライテナントA101号 [地図]
TEL : 029-879-5255

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-879-5255

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

飯田裕(いいだゆたか)

つくばオーラルケアクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

転んで欠けた歯が元通り(^^♪

酔っ払って階段で転んでしまい、唇が切れて出血、大きく割れ...

M・K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
インプラント手術は痛い?痛みの度合いはどれくらい?[茨城県(つくば・土浦)インプラント歯科]
イメージ

 1.「インプラントは危険」とする過剰なまでの報道  インプラント治療は入れ歯に比べて利点も多く、その優れ...

[ インプラント治療・手術・CT ]

歯科衛生士や助手を感染から守るために<歯科、感染対策、感染防御(茨城県/つくば・土浦)>
イメージ

 1.診療器具を滅菌するのは当たり前。スタッフの安全性は?   歯科クリニックの感染防御対策については、主に...

[ 歯科診療全般・歯科医・口コミ ]

ブリッジとインプラントの比較 ブリッジはホントに安全?<インプラント・口腔外科/つくば・土浦>
臼歯部のブリッジ

 虫歯や歯周病、交通事故などの外傷により歯を失った場合、歯がなくなってしまった部位に人工の歯を入れて、見た...

[ インプラント治療・手術・CT ]

結婚式に向けて歯を白く!歯のブライダルエステとは?<審美歯科・ホワイトニング/つくば・土浦>
イメージ

 1.結婚式では白い歯で笑顔に自信を  結婚式に備えて、「もっと歯を白くしたい」という患者さんが近頃増えて...

[ 審美歯科,ホワイトニング(白い歯) ]

「歯科用CTで安全にインプラント」の落とし穴<インプラント・口腔外科/茨城県 つくば・土浦>
歯科用インプラント

 1.歯科用CTの優位性、レントゲン写真との比較  80年代に医療現場にX線CTが普及し始めて、2000年頃からは歯...

[ インプラント治療・手術・CT ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ