コラム

 公開日: 2017-02-03 

老後を見据えた家づくりのために新築時からできる工夫

家を持つと、そこから長いお付き合いが始まります。自分たちが年を取ったときのことも考え、長く、安心して住める家にしたいものです。

家づくりをする時点から、老後のことを考えて生活動線をバリアフリーにしたり、廊下の幅を広くとるなどの対策を講じておきましょう。

「働き盛り」と「老後」

統計的に見ると、はじめてマイホームを購入する年代は、30代後半から40代前半に集中しているようです。

この年代は「働き盛り」ですから、住宅ローンの負担にも「よし、働いてきっちり返済していこう」という意気も旺盛でしょう。そして、念願のマイホームのデザイン、間取りなどにさまざまな工夫を凝らすこととおもいます。

そこにもう一つ加えて、「老後を考えた工夫」をお伝えしたいとおもいます。

車イスなどでも生活ができるように動線のバリアフリーを

まだ元気な年代の方々に「老後」のことを持ち出すと、「そんな先のことを」と言われそうですが、ちょっとお考え下さい。

「家は一生の買い物」という言葉があります。この「一生」には、誰にでも訪れる「老後」も含まれています。

たとえば、いまはなんでもない階段の上り下り、これが年齢を重ねるとつらくなる可能性が出てきます。元気な頃はなんでもないことが、老後には大きな問題になることが多いのです。

高齢者の家庭内の事故で多いのが転倒です。ちょっとした段差が事故を招く原因になります。そうしたことを考え、新築時に、家の中をバリアフリーにしておくのも老後を見据えた工夫の第一歩と言えるでしょう。

また、廊下の幅。
「え?」と、おもわれるかもしれませんが、将来、車椅子を使うことになった場合、廊下の幅は重要になります。後から廊下の幅を広げるのは大掛かりな工事になるからです。廊下の幅に余裕を持たせるのと合わせて、バスやトイレの入り口は広めに取り、スライドドアや折れ戸にして、車イスでも利用できるようにしておくのもおすすめです。

将来減築や二世帯住宅にリフォームできるようなプランニングも

LDKとバス・トイレといった水回り、主寝室は1階に集約し、2階に子ども部屋などを設け、子どもが独立した場合は減築できるようにしておく。

あるいは二世帯住宅にリフォームできるように2階にトイレと洗面台を設け、将来的には浴室も設置できるようにあらかじめ新築時に給水・排水等の設備を備えておくといったプランニングも有効です。

老後を見据えた家の設計、ぜひ、お考えいただきたいとおもいます。

この記事を書いたプロ

梅原材木店 [ホームページ]

一級建築士 梅原郁夫

茨城県日立市東多賀町2-12-6 [地図]
TEL:029-433-0034

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
茨城県日立市の一級建築士 梅原郁夫さん

一級建築士、そして住宅耐震診断士だから造ることのできる家(1/3)

 “一生ものの家”といううたい文句を目にすることがありますが、それはどの位の年月か考えたことはありますか?そして現在、私たちの多くは30年ほどで建て替えが必要な家に住んでいるのではないでしょうか? 「私どもの建物に対する基本的な考えは、...

梅原郁夫プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

構造部分をもっとも大切にし、一生住み続けられる家を造る

店名 : 梅原材木店
住所 : 茨城県日立市東多賀町2-12-6 [地図]
TEL : 029-433-0034

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-433-0034

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梅原郁夫(うめはらいくお)

梅原材木店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
暑さ対策としての欄間・高窓
イメージ

暑さ対策としての欄間・高窓夏の暑さ対策として、新築時もしくはリフォーム時に、夏場の風向きを考慮した欄間...

老後に介護しやすい家をつくるには動線確保が重要

介護をする、介護を受ける。住まいにそのための工夫があると双方の負担が少なくなります。 居室への工夫 介...

[ 老後の住まいと間取り ]

老後の住まいに「減築」という選択肢。メリットは?

老後の住まいを考えるうえで「減築」は重要な選択肢の一つです。今回は「減築」のメリットなどをお話ししたいとお...

[ 老後の住まいと間取り ]

高齢者に急増中!? ヒートショックを防ぐ住まいの断熱対策

ヒートショックは怖いものです。特に高齢者のお住まいなどでは、ヒートショックを防ぐ対策をぜひ講じておきましょ...

[ 老後の住まいと間取り ]

高齢者の家庭内事故防止のための住宅リフォーム

高齢者の家庭内の事故の多さが問題になっています。「老後の生活のためのリフォーム」を考える際のポイントを見て...

[ 老後の住まいと間取り ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ