コラム

 公開日: 2017-02-05 

老後の住まいは適切な採光で明るさを確保!

日射しが差し込む明るい住まいにするためには、採光について考える必要があります。立地条件によって、南向きであっても十分に採光を期待できない場合もありますし、北向きであっても天窓などを設けることで部屋を明るくすることもできます。

今回は、東西南北、それぞれの部屋の特徴について見てきましょう。

「家の向き」とは

「南向きの家」、その反対の「北向きの家」。家のどこをとって「南向き」と言い、「北向き」と言うのでしょう?

「家の向き」を言う場合は「家の中でもっとも陽射しを取り込む面」がどの方面に向いているかによる、と考えていいでしょう。

そして、家の中でもっとも陽射しを取り込みたい場所は居間になりますから、基本的に居間(リビング)の向きが東西南北どの方面に向いているかによって「○向きの家」と言うことができるかとおもいます。

「東西南北」どれが一番?

では、東西南北のうち、理想的な部屋の向きはどの方角でしょう。

太陽は東から昇りますから、東向きの部屋には朝陽が差し込みます。さわやかな朝の光とともに一日が始まるのは気持ちがいいものです。
午前中は日射しが入りますので部屋が暖まりますが、午後には部屋が暗くなり室温が下がってしまうこともあります。

西向きはどうでしょう? 最後まで日射しが入るのは西側ですから、寒い冬には午後から夕方にかけて暖かくていいかもしれませんが、夏の西日は暑さが厳しく、窓に遮熱対策を施さなければ窓辺が高温になってしまい、室温を上昇させてしまいます。また午前中に太陽の光が入らないので、冬場の朝は寒いのがデメリットと言えるでしょう。

北向きの部屋は、夏は涼しくて良くても冬は寒さがつらいことがデメリットと言えるでしょう。また、採光の点で不利ですが、天窓を設けるなどの方法で日の光を取り入れることもできます。

最後に南向きの部屋について。一般的には、南向きが理想的と言えるでしょう。
夏の暑さは軒や庇で日射しを遮ることである程度防ぐことができますし、冬場は、午前中から午後にかけて日射しを取り込むことができ、暖かさを保つことができます。

現在のライフスタイルと老後の生活

東西南北、それぞれの部屋のメリットやデメリットについて見てきましたが、採光に関しては、夜型朝型など自分のライフスタイルに合わせることも重要です。

しかし、人間の体は年齢とともに体温の調節機能が衰えると言われています。うららかな日差しは部屋をあたためてくれますし、朝の日射しは私たちの体内時計に働きかけ心身を目覚めさせてくれます。

部屋の採光のほか、通風などについてもきちんとプランニングして、健やかな住空間を実現していきましょう。

この記事を書いたプロ

梅原材木店 [ホームページ]

一級建築士 梅原郁夫

茨城県日立市東多賀町2-12-6 [地図]
TEL:029-433-0034

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
茨城県日立市の一級建築士 梅原郁夫さん

一級建築士、そして住宅耐震診断士だから造ることのできる家(1/3)

 “一生ものの家”といううたい文句を目にすることがありますが、それはどの位の年月か考えたことはありますか?そして現在、私たちの多くは30年ほどで建て替えが必要な家に住んでいるのではないでしょうか? 「私どもの建物に対する基本的な考えは、...

梅原郁夫プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

構造部分をもっとも大切にし、一生住み続けられる家を造る

店名 : 梅原材木店
住所 : 茨城県日立市東多賀町2-12-6 [地図]
TEL : 029-433-0034

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-433-0034

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梅原郁夫(うめはらいくお)

梅原材木店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
暑さ対策としての欄間・高窓
イメージ

暑さ対策としての欄間・高窓夏の暑さ対策として、新築時もしくはリフォーム時に、夏場の風向きを考慮した欄間...

老後に広い家は要らない!? 適切な住まいの広さ

部屋数も多く、広々とした住まい。多くの人が憧れを抱くとおもいますが、将来を考えた場合はどうでしょう?子...

[ 老後の住まいと間取り ]

老後を見据えた家づくりのために新築時からできる工夫

家を持つと、そこから長いお付き合いが始まります。自分たちが年を取ったときのことも考え、長く、安心して住める...

[ 老後の住まいと間取り ]

天窓(トップライト)
イメージ

天窓(トップライト)外光を室内に取り入れるために天窓を付ける家がありますが、ここで注意して頂きたい点が...

木ではないのに、ウッドデッキ
イメージ

最近、お客様からウッドデッキ増設のご依頼を頂いています。さて、このウッドデッキ。無垢の木を使い、それに...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ