コラム

 公開日: 2017-05-19 

高齢者の家庭内事故防止のための住宅リフォーム

高齢者の家庭内の事故の多さが問題になっています。「老後の生活のためのリフォーム」を考える際のポイントを見てみましょう。

家庭内で起こりやすい高齢者の事故

東京消防庁の統計によると、平成27年に日常生活における事故によって救急搬送された人は約12万9千人。その半数以上が高齢者となっています。

また同統計では、高齢者の事故の中で最も多いのが「転倒」によるもので、救急搬送された数は48,205人となっています。

いずれも東京消防庁管内のみの数字です。全国レベルで見れば、もっと多くなるでしょう。

問題なのが事故の発生場所です。発生場所は「住宅等居住場所」が最も多く、次いで「道路・交通施設」ですが、「住宅等居住場所」を「屋内」と「屋外」に分けてみると、屋内での発生が9割以上を占めているそうです。

寝たきりになるおそれも・・・

内閣府もまた「高齢者の家庭内での事故」への注意を呼びかけています。そして、事故原因として「転落」「転倒」の多さを指摘していますが、注意したいのは高齢者の場合、転落や転倒によって骨折する危険が高いという点です。

転落・転倒による骨折部位は肩、手首、背骨、大腿骨が多く、なかでも大腿骨の骨折は治りにくく長期間の安静が必要になり、寝たきりになるケースも少なくありません。

危険を回避する住宅リフォーム

高齢者の家庭内の事故は、立ち上がる・座る・歩くという日常のごく自然な動作中に起きるという特徴があります。

そこで「老後の生活のためのリフォーム」として、まず、考えたいのがバリアフリーです。家の中にある「段差」という危険要因をできるだけなく少なくするということです。

また、階段、廊下、浴室、トイレ、玄関は事故が起きる危険性が高い場所です。それぞれに手すりを設け事故を未然に防ぎましょう。
リフォームに際しては、家の中の「危険要因をなくす」、そして「危険に備える」、この2つの観点から検討を加えていくことが大切です。

この記事を書いたプロ

梅原材木店 [ホームページ]

一級建築士 梅原郁夫

茨城県日立市東多賀町2-12-6 [地図]
TEL:029-433-0034

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
茨城県日立市の一級建築士 梅原郁夫さん

一級建築士、そして住宅耐震診断士だから造ることのできる家(1/3)

 “一生ものの家”といううたい文句を目にすることがありますが、それはどの位の年月か考えたことはありますか?そして現在、私たちの多くは30年ほどで建て替えが必要な家に住んでいるのではないでしょうか? 「私どもの建物に対する基本的な考えは、...

梅原郁夫プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

構造部分をもっとも大切にし、一生住み続けられる家を造る

店名 : 梅原材木店
住所 : 茨城県日立市東多賀町2-12-6 [地図]
TEL : 029-433-0034

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-433-0034

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梅原郁夫(うめはらいくお)

梅原材木店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
暑さ対策としての欄間・高窓
イメージ

暑さ対策としての欄間・高窓夏の暑さ対策として、新築時もしくはリフォーム時に、夏場の風向きを考慮した欄間...

老後の住まいに「減築」という選択肢。メリットは?

老後の住まいを考えるうえで「減築」は重要な選択肢の一つです。今回は「減築」のメリットなどをお話ししたいとお...

[ 老後の住まいと間取り ]

高齢者に急増中!? ヒートショックを防ぐ住まいの断熱対策

ヒートショックは怖いものです。特に高齢者のお住まいなどでは、ヒートショックを防ぐ対策をぜひ講じておきましょ...

[ 老後の住まいと間取り ]

家庭内の転倒防止に効果的な老後住まいの床材

高齢者の家庭内の事故で多いのが転倒・転落です。そのため、床に用いる素材については視認性があり、万が一転んで...

[ 老後の住まいと間取り ]

老後の住まいを快適にする正しい風通し設計

快適な住まいにする上で、家の中の風通しを良くすることは欠かせません。あたたかい空気は上に、冷たい空気は...

[ 老後の住まいと間取り ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ