コラム

 公開日: 2013-06-10 

建物と地震について

最近、よく「この建物は震度7でも大丈夫ですか?」とか「震度いくつまで持ちこたえることができますか?」といったご質問を受けることがあります。
私としては「一概には言えません」としか答えられません。

その理由は・・・
「震度」とは、その地域の最大の「揺れの大きさ」で、伝播してきた「揺れの周期」を加味したものではないからです。
ちなみに、現在の建築基準法では、「横揺れ」(S波)しか考慮されていませんので、活断層における地震による上下する地震波(いわゆる直下型地震)は考慮していません。

「今回の揺れは長かった」などと言ったりしますが、これが「周期」です。
「波」の最大の高さが「震度」で、周期は、その波と波の間隔をいいます。
建物にはその高さや建物面積の規模により、それぞれ固有の「周期」があります。
地震の周期と、この建物の固有周期が同調すると「共振現象」を引き起こして建物は崩壊します。
というわけで・・・
一概には「大丈夫」とは言えないのです。

ただし、建物の構造材に腐食や欠陥が見られる場合や地盤強度に問題がある場合は論外です。

気象庁では、「震度6弱」から傾いたり倒壊する木造住宅が発生するとしていますが・・・
東北地方太平洋沖地震(3・11の東日本大震災)では、私の住んでいる日立市は「震度6強」でしたが、築年数にかかわらず倒壊した建物は殆どありませんでした。
これは、地震波の周期が「短周期」だった為だと言われています。
つまり、「共振現象」が発生するかどうかが問題で、震度7でも倒壊しない場合もあるし、震度5でも倒壊する場合があるということです。

この記事を書いたプロ

梅原材木店 [ホームページ]

一級建築士 梅原郁夫

茨城県日立市東多賀町2-12-6 [地図]
TEL:029-433-0034

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
茨城県日立市の一級建築士 梅原郁夫さん

一級建築士、そして住宅耐震診断士だから造ることのできる家(1/3)

 “一生ものの家”といううたい文句を目にすることがありますが、それはどの位の年月か考えたことはありますか?そして現在、私たちの多くは30年ほどで建て替えが必要な家に住んでいるのではないでしょうか? 「私どもの建物に対する基本的な考えは、...

梅原郁夫プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

構造部分をもっとも大切にし、一生住み続けられる家を造る

店名 : 梅原材木店
住所 : 茨城県日立市東多賀町2-12-6 [地図]
TEL : 029-433-0034

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

029-433-0034

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梅原郁夫(うめはらいくお)

梅原材木店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
暑さ対策としての欄間・高窓
イメージ

暑さ対策としての欄間・高窓夏の暑さ対策として、新築時もしくはリフォーム時に、夏場の風向きを考慮した欄間...

天窓(トップライト)
イメージ

天窓(トップライト)外光を室内に取り入れるために天窓を付ける家がありますが、ここで注意して頂きたい点が...

木ではないのに、ウッドデッキ
イメージ

最近、お客様からウッドデッキ増設のご依頼を頂いています。さて、このウッドデッキ。無垢の木を使い、それに...

御山杉のテーブル
イメージ

銘木の御山杉(みやまずぎ)を使ってテーブルを製作。テーブルの脚は、ケヤキの丸太を使用。...

登録有形文化財について
イメージ

登録有形文化財について「文化財」といえば、国や都道府県などの地方公共団体が指定するものが思い浮かびます...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ